廃熱回収
Language

廃熱回収

高騰するエネルギー価格はすべての産業にとって頭の痛い問題です。そしてエネルギー効率を高めることが欠くことのできない要素となってきています。ほとんどの工場では省エネにつながる潜在的な未利用エネルギーを持っており、また省エネによる二酸化炭素の削減は省エネに付随するボーナスになります。         殆どの産業で廃熱回収に有効なコンパクト型熱交換器は主要な熱回収工程に使用され、利益を生む可能性を秘めています。そしてその初期投資コストは概ね1年以内に回収できるのです。多くの産業ではすでに熱回収を実施していますがそれには多管式熱交換器が使用されています。多管式熱交換器からコンパクト型熱交換器に切り替えるだけでエネルギー効率を高め、ほとんどのケースで投資に対する回収期間を短縮することにつながります。

Rising energy prices are a major challenge for many industrial plants, and energy efficiency is becoming a crucial success factor. The good news is that most sites have a considerable unexploited potential for energy savings and, as an added bonus, reduced CO2 emissions.

For most industries, waste heat recovery using compact heat exchangers presents a major possibility to increase profitability, and the initial investments often have a payback period of less than one year. 

Many process industries are already recovering heat, but use shell-and-tube technology. Switching to compact heat exchangers boosts the energy efficiency and is a very good investment in most cases.